シェルティレスキュー

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

シェルティーズ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

注射ですよ

春はは狂犬病と混合ワクチン接種が続くし、そろそろフィラリアだのフロントラインだので、お財布に厳しい季節です。

今日は混合ワクチンの注射です。いつもは通信隊を散歩しながら獣医さんまで行くのですが、今日は風がすごく強いので車で行きました。

通信隊では、めっちゃ威張っているコタセラですが、獣医さんでは借りてきたネコのように、お利口さんにしています。たとえ隣にネコちゃんがいても、じ~っとみているだけ・・・いつもなら親のカタキのように騒ぎます(笑)。

診察室に入る時はかなりの嫌がりようで、必死で逃げようとします。獣医さんって、嫌な事ばかりしますもんね。

セラさんなんか、診察台の上からいつも落ちそうになるくらいの逃げ腰です。注射はどっちもおとなしくしてます。

体重はコタ兄さん8.45キロ、セラさん9.25キロ。どうしてもいつもセラさんのほうがおデブです。フードもセラさん少なめにあげているし、運動量も半端じゃないのに、どうして?筋肉オンナだからかしら(゚ー゚;。

一ヶ月後は狂犬病のワクチンとフィラリアの検査ですよ~。

練習会は八重桜の下で

前回のスクールはちょうどソメイヨシノが満開で、今日の合同練習会は八重桜が満開です。グラウンド回りはソメイヨシノと八重桜が一つ置きに植えられていて春の間はしばらく楽しめます。

暑くもなく寒くもなく気持ちのよい風が吹いていて、アジには最高の日和です。

他のワンちゃんは小型犬ばかりなので、ミディアムのうちは、コタママ最後に二匹続けて走らされます。

先週のアウェイからホームに戻ったコタセラ、めっちゃ調子いいです。

コタ兄さんは、ほとんどのコースをパーフェクトランで走れるようになりました。まあ相変わらずゆっくりなので、ハンドリングも楽です(○゚ε゚○)。

セラさんはたま~に拒絶がありますが、それでも集中出来てどのコースでも最後まで走れました。

</p>

これは一番出来のいい走りです。どっちも途中からの撮影になってます。

二匹ともバックスイッチが苦手なので、タッチ入り口でバックスイッチすると、びっくりしてクルクル回ったりする時もあります。

上手に出来なくてがっかりすることもありますが、一年前のビデオと見比べると、すごい進歩してます。五月下旬のJKCの競技会も、ちゃんと出来ればいいのにな。

春の恒例 潮干狩り

毎年春に外せないのが潮干狩りです。

類は友を呼ぶ・・・ので、コタママも友達も、タダで手に入る物のイベントは大好きです。

今日は潮も気温も潮干狩りに申し分なく、横浜海の公園まで出かけて来ました。

駐車料金だけで、アサリは一人二キロまでは無料で採れます。

その年によっては大量だったりほとんど採れなかったり、色々です。

今年はどうかな?

はやる気持ちを抑えて砂浜に行くと、人がたくさんいました。平日なのでほとんど大人ばっかりです。

気をつけてはいるのですが、今年も波をかぶって、パンツまで濡れてしましました。寒いのでトイレで着替えました。

今年は思った以上にアサリは大きいし、たくさんいて、大量に採れました。いつもはご近所に配ったりして早めに処理していたのですが、Yさんに「佃煮」の作り方教えてもらったので、今回はちょっとおすそ分けして、後は夕飯のおみそ汁の分と佃煮の分、かなりの量をとっておきました。

次の日に頑張って佃煮作りをしました。

これがかなりの作業で大変でした。

まず、アサリを口が開くまでさっと茹でて、一つ一つ身を剥がします。残った汁ははよいダシが出ているので、冷凍してスープに使います。剥がす作業が一時間では終わりませんでした。

次に醤油・砂糖・酒・千切りの生姜を加え、水気がなくなるまで煮詰めて出来上がり。

苦労した甲斐があって美味しくできました。

001

M'sカップ遠征記

久しぶりにコタセラネタで~すsun

17日にM'sカップのチャリティコンペに参加して来ました。

二月に行って、セラが撃沈してきた所です・・・もっともいつも撃沈ですが(ρ_;)。

富士裾野会場で八時半受付なので、遅めの七時にゆっくりと出発。今日は専属カメラマン付き(次女)です。

震災のためのチャリティ競技会なので、コタママも募金して来ました。

モカムートママさん、同じスクールのポムちゃんままさん、すぐ見つかりました。

アジリティからの出走。うちは二頭とも同じ組に出るので、ミディアムクラスの一番目と最後で、まずはセラさんから。

前回、撮影者の次女めがけてコースアウトの失格だったのですが、さすがにもうそんなことしないだろう・・・と、次女の言葉を信じたコタママが甘かった・・・またセラさん、やってくれましたdown

スタート地点で次女を見つけていたようです。

シーソーに行かず次女めがけてまっしぐら。二回目のコースアウトは隣の男性。しかも臭いをかいで「なんじゃ、このオジサン!」みたいな態度ヽ( )`ε´( )ノ。三回目は勢い余って次女が転ばされています。

その後もやりたい放題。タッチも全く無視!このお嬢様にクリアランの日は来るのでしょうか?

コタ兄さんはこれでもいつもよりは早めヽ(´▽`)/。シーソーの後、次女を見る余裕まであります。まあ優雅に走っていて、無駄に高くバーを跳んでいて、それでも拒絶なくクリアラン。

JP1ではコタ兄さんはコタママのハンドリングミスで、スラで止まってしまいました。まあ一応走れました。セラさんは二番目のタイヤで拒絶・・・その後もスラ抜かしだの、タッチかっ跳びだの撃沈です。

JPの時はセラの分はポムママさんに撮影していただき、次女はこっそり見ていたので寄り途は無かったのですがね。

結果はともかく、コタセラとも楽しそうにやっていました。

013

練習の時は結構出来るんですけど~(;´д`)トホホ…。

これでもか!桜三昧

いい加減飽きたとは思いますが、これで最後の桜だよりです( ´,_ゝ`)ハイハイ。

今日は友達に、高座渋谷の引地川の「千本桜」に連れて行ってもらいました。

今日も初めての場所で、わくわくものです。

駅から歩いて行くのですが、途中に花の寺で有名な「常泉寺」に寄りました。

そんなに広くはない境内に、色々な季節の花が咲いていて、仏像や河童やタヌキの置物が花の間に置かれていて、面白いお寺でした。

069_2 072

右は縁結びの神様で、娘達のために頭をナデナデして来ましたよ(*゚▽゚)ノ。御利益がありますように・・・・。

076   079_2

かわいらしいお寺を後にして「千本桜」まで、すぐに到着しました。

川の両サイドにそれは見事な桜並木が続きます。

082

084

駅に戻る途中で、面白いものを見つけたので・・・。

087

床屋さんのようですが、フェンスの下の壁面にアニメのポスターが一面張ってあり、その上のフェンスの上下に細かいフィギアが延々と並べてあります。家の土台にもちょっと大きめのフィギアがズラ~・・・。どんな床屋さんなんでしょうかねえ(゚ー゚;。

時間があったので、強引に茅ケ崎「里山公園」にも連れて行ってもらいました。

こちらは自然がかなり残されている所なので、のどかです。暖かい・・・いや暑い春の日差しの中、ゆっくりと散策しました。ハナモモがかわいらしいですheart01

089

「日本人は桜があるから冬が耐えられるんだな~」と明言を思いつきました。

コタママの今年の桜ネタは、これでおしまい(多分)!

これから被災地にも桜が咲いて来ます。被災者の方達が少しでも和めたら良いですね。来年の桜はシアワセな気持ちで眺められる事を祈っております。

まだまだ続く!桜三昧

しばらくは桜ネタが続きます。コタセラはそっちのけです( ̄Д ̄;;。

今日はネットで見つけた、秦野「弘法山公園」まで遠征しました。

車で一時間ちょっと。初めての場所です。

小高い丘を登ると新緑と桜の共演・・・・上から見える街並みも素晴らしいです!

054

道端にも春の花がたくさん咲いています。

055

上まで行って、ベンチでランチタイム。コタママには珍しくおにぎり作って持って行きました。景色のよい所で吹く風もさわやかで最高のランチです。

登り口まで戻り、今度は反対側の丘に登るとそっちはもっと素敵な場所で、新緑・ソメイヨシノ+ヤマザクラでルンルン気分になれましたnote

067

上まで登るとちょっとした広場になっていて、周りは満開の桜。

・・・来てよかったあ!

駐車場も無料だし、かなりの穴場です・・・あっ、秘密にしておいてね(*゚▽゚)ノ。

桜三昧

いよいよ横浜でも桜が満開になりました。

家でじっとなんかしてられません。

近所の桜風景をアップします。

048

藤沢の「大庭城址公園」。旦那を連れて行きました。

051

スクールの桜。

052 次女と近所の「アカシア公園」に散歩に行きました。

満開の桜も大好きですが、花吹雪も大好きです。

さあ、まだまだ桜三昧は続きます。

伊豆オバさま旅行 PART2

ヽ(´▽`)/ナビでちょっと迷ったけれど、無事に「花のそよ」に到着しました。

かわいらしいプチホテルで、私たちの部屋はメゾネットタイプ。下に和室と専用の露天風呂と洗い場、上はベッドルームで結構広々してます。

疲れたオバ様達は、さっそく露天風呂を堪能しました。もっとも洗い場が狭いので、一緒には入れませんが、湯加減がちょうど良くてまったりと出来ました。

食事はレストランで和洋食のフルコースになりました。さすがオーベルジュで、食材も盛り付けも味も素晴らしく食器も工夫が凝らされていて、大満足ですheart01

031 032

033_5 034_2

035036_2

037  どれもそんなに多くは無いのですが、全部食べたので結局お腹は爆発しそう;:゙;`(゚∀゚)`;:゙。

最後は、予約制の少し大きな貸切風呂に三人で入って「極楽極楽spa」。

「ゆこゆこ」で予約したので、特典もたくさんあったしお値段も安かったし、最高でしたヽ(´▽`)/。

気持ちのよいベッドで寝て朝風呂入ってから、朝食を取り、今回のメーンイベントの伊豆高原の桜並木を見に行きます。

車が停めれないので、宿にそのまま車を置かせてもらい、歩くことわずか五分で桜並木に到着です。

・・・残念ながら若干早めでした。でも全体的にピンク色に染まってきているし、日当たりのよい場所では三分咲きの木もあるし、延々と桜のトンネルが続く様は圧巻です。

震災の影響で人出も少なく朝も早い時間帯なので、ほとんど貸し切り状態です。オバさま達は車道に出て、桜を堪能しました。

038

来週あたりは満開になっているでしょうね。

車で帰る時も桜を愛でながら、行ったり来たりしてました。

帰り道は小田原に寄り道して、小田原城に桜を見に行きました。

ここも少し早くて、ちょっと残念。

お昼に立ち寄ったお蕎麦屋さんの「かき揚げざるそば」が、超ウマウマでした。

なかなか友達同士で一泊旅行は行けないのですが、旦那との旅行より楽しいのがホンネです(*^ω^*)ノ彡。

 

伊豆オバさま旅行記 PART1

4月の4・5日、犬仲間三人で伊豆旅行に行って来ました。

余震もあるし計画停電もあるかもしれないし、なにしろ心から楽しめないような気がしたので、ちょっと迷いました。でも、せっかく計画したので、思い切って出かけました。

今回はコタセラ、お留守番。平日なので(世話してもらえないので)、前の訓練の先生に預けて来ました。

平日なのでランチ場所の真鶴まで、あっという間に到着です。前回行ってとても気に入った「海辺の途中」でランチタイム。

011_2 008_3

今日はとてもすいていて、店内でも貸し切りスペースでもテラスでも、好きな席を選べます。気持ちがよいので、テラス席にてのお食事にしました。コタママ、前回と同じ「シーフードのオムライス」です。食べ物はあんまり冒険しないほうです(笑)。

店内もすごくステキで、貸し切り部屋は犬連れもOK!雨の日も大丈夫です。ついでに写真も撮らせていただきました。

009_2 010

お店が暇(?)だったせいか、スタッフのお兄さんが色々話しかけてくれ、真鶴の桜の見所など 地図で教えてもらいました。まだソメイヨシノはチラホラで、意外と穴場の荒井城址公園のしだれ桜が見ごろだと言うことでした。

お腹もいっぱいになり、腹ごなしがてら真鶴半島最南端の「三石海岸」まで足を延ばしました。

駐車場から海岸までは、かなりの急階段を降りて行きます。三石海岸は半島の先端にあるので、ほぼ300度ほど周りが海で、水も綺麗で吹く風も心地よく癒されました。そう言えば、小学校の時の遠足に来たような気もします。

再び真鶴駅まで戻って、スタッフから聞いた「荒井城址公園」で、今度は急階段を登って、しだれ桜を見物に行きました。

本当に見事で、今が満開!

016_2

頑張って登った甲斐がありましたnote

さて後はノンストップで伊豆高原まで走ります。

途中、トンネルが真っ暗で(節電で)、かなりビビりながら運転しました。

まだちょっと早いので、「さくらの里」の寄り道です。ここは伊豆でも寒いほうなので、やっぱり桜はほとんど咲いていませんでした。

ちょっと残念!

今夜の宿は「オーベルジュ 花のそよ」です。楽しみ~restaurant

震災から一カ月

震災から一カ月経ちました。あっという間のようでもあり、すごく昔のようでもあります。被災地の方々は、未だに先の見えない現状の中で暮らしていらっしゃいます。

こんな状況でも春はやって来ます。やっぱり桜はちゃんと咲きます。

私はかなり元の生活に戻って来ています。それでも、ひんぱんに揺れる余震には驚かされます。ちょっとずつ、たまってしまった記事をアップして行かないと・・・。

002

この写真は大地震のあった3月11日の夕日です。太陽の周りに虹(?)の囲みが出来ています。実際にはもっとはっきり見えていました。不思議な太陽でした。

004_2

コタセラもぐりちゃんも、少しぐらいの揺れではビビらなくなりました。震度3ぐらいなら、普通に昼寝しています(笑)。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »